花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)対策

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)対策

2020/03/11

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が抗原となり鼻や目から体に入ると、体の免疫システムが働き抗体がつくられます。抗体が一定量に達するとアレルギー反応、くしゃみや鼻水などの症状が起こります。

先ずは花粉を避けることが一番です。服装やマスク、眼鏡などで工夫してみてください。

帰宅の際は玄関前で花粉をよく払い家の中に持ち込まれないようにしましょう。手洗いうがいに洗顔を加えると一層花粉を減らせます。飲酒や刺激の強い食べ物を控えて睡眠時間を十分にとり、ストレスを抱え込まないようにして下さい。

花粉症は東洋医学では肝・脾・肺に関する症状を現します。初期は主に肺の症状、鼻みずや鼻詰まりが起こります。

当サロンでは辛い症状の緩和と共に、体の余分な「水」を取り「気」を巡らせる調整をいたします。