首肩凝り、痛みの症状

首肩凝り、痛みの症状

2020/08/23

首、肩の慢性的な凝りや痛みの症状をお持ちの方が増えています。

症状がある方の多くに、いわゆるストレートネックがみられます。

脊柱は横から見ると4か所でゆるやかに弯曲しています。頸椎はゆるい前弯があると正常ですが、それが無く真っ直ぐになっている状態がストレートネックです。前かがみになった頭の重みを真っ直ぐに伸びたクッションのない頸椎で支えるため側頚部から肩周りの筋肉に凝りが起こりやすくなります。

ストレートネックになる原因はさまざまですが、姿勢やスマートフォンによるものが増えていると言われています。スマートフォンを胸元の低い位置で長く見続けると頭を支える為に首は前に傾きだんだんと弯曲を損なってしまいます。

スマートフォンを目の高さに持ってくる、長時間の使用を控えたり、ストレッチや正しい姿勢を心掛けてストレートネックを防ぎましょう。

ストレートネックになっても体操やストレッチ、枕などで改善や症状の軽減も見られます。

鍼灸は筋肉の凝りや痛みを軽減しますので、辛い症状がある場合は鍼灸治療を受けられる事もおすすめです。