寒暖差アレルギーかもしれません

寒暖差アレルギーかもしれません

2020/10/11

風邪や花粉症でもないのに鼻水やくしゃみが出ることありませんか?
一日の気温差が大きくなる時期にアレルギーのような症状が出ることがあります。

人の身体は外気温に対して体温調節するために自律神経が働きますが、気温差が7度以上になるとくしゃみや鼻水等の症状が出やすいとされています。
寒暖差アレルギーと呼ばれていますが、医学的にはアレルギーではなく、「血管運動性鼻炎」といい自律神経の乱れにより引きおこります。

なるべく身体に急な温度変化を与えないようにマフラーやカーディガンで体温調節をしたり、適度な運動で身体の身体機能を整えましょう。
日常生活ではやはりバランスの良い食事としっかりと睡眠をとるようにしてください。

このような症状に鍼灸治療はとても適しています。是非お近くの鍼灸院で相談されて下さい。